肉体の使用頻度分布について。エネルギー消費量の推定に基づいて足部と手部等を評価

  |  院長日記(格闘、トレーニング等)

肉体の使用頻度分布について。エネルギー消費量の推定に基づいて足部と手部等を評価

肉体の使用頻度分布。エネルギー消費量の推定に基づいて足部と手部を評価します。一般的に、下半身の部位(足部)は上半身の部位(手部)よりもより頻繁に使用されることが期待されます。以下はそれぞれの部位のエネルギー消費量を推定するための考察:

1. **上半身:**
– 頭部:一般的な日常生活では、頭部のエネルギー消費量は比較的低いと考えられます。日常の活動や運動にはあまり関与しません。
– 首:首は、日常生活で頭部の支持と移動に使用されますが、そのエネルギー消費量は中程度と見なすことができます。
– 肩:肩は、荷物の持ち運びや手の動作を補助するために使用されますが、足部に比べるとエネルギー消費量は低めと考えられます。
– 背中:背中の筋肉は、姿勢を維持するために関与しますが、一般的な活動では比較的少ないエネルギーを消費します。
– 胸部:胸部は、通常の呼吸や心臓の機能に関与しますが、それほど多くのエネルギーを消費しません。

2. **下半身:**
– 腰部:腰部は、体の中心部を支える役割を果たし、姿勢を維持するために重要です。日常生活でのエネルギー消費量は中程度と見なすことができます。
– お尻:お尻の筋肉は、歩行や立ち上がりなどの動作に関与しますが、他の下半身の部位に比べるとエネルギー消費量はやや低めです。
– 大腿部(太もも):太ももの筋肉は、歩行や階段の昇降など、多くの日常生活の動作に関与します。そのため、エネルギー消費量は比較的高いと考えられます。
– 下腿部(ふくらはぎ):ふくらはぎの筋肉は、歩行や立ち上がりなどの動作に関与しますが、大腿部に比べるとやや少ないエネルギーを消費します。
– 足部(足首、足裏、足の指):足部は、歩行や立ち上がりなどの動作に不可欠です。足部の筋肉は常に動いており、そのためエネルギー消費量は非常に高いと考えられます。

以上の考察から、一般的な日常生活では下半身の部位(足部)が上半身の部位(手部)よりもより多くのエネルギーを消費すると予想されます。
了解しました。重力による体重の負担を考慮して、足部のエネルギー消費量を再計算します。

1. **デスクワークフルタイムの30歳男性:**
– 上半身:
– 頭部:50
– 首:60
– 肩:70
– 背中:80
– 胸部:70
– 下半身:
– 腰部:90
– お尻:80
– 大腿部(太もも):100
– 下腿部(ふくらはぎ):40
– 足部(足首、足裏、足の指):体重の約70%

2. **大工さん30歳男性:**
– 上半身:
– 頭部:60
– 首:70
– 肩:80
– 背中:90
– 胸部:80
– 下半身:
– 腰部:120
– お尻:110
– 大腿部(太もも):130
– 下腿部(ふくらはぎ):体重の約70%
– 足部(足首、足裏、足の指):体重の約70%

3. **フルート奏者40歳女性:**
– 上半身:
– 頭部:55
– 首:65
– 肩:75
– 背中:85
– 胸部:75
– 下半身:
– 腰部:100
– お尻:90
– 大腿部(太もも):110
– 下腿部(ふくらはぎ):体重の約70%
– 足部(足首、足裏、足の指):体重の約70%

※足部のエネルギー消費量は、体重の約70%と仮定していますが、実際の値は個々の人の体重や活動によって異なる

「医療資格あり、元プロ格闘家トレーナー整体師が手がける、富士山が見える整体院。読売新聞掲載・書籍、論文執筆・海外・腰痛ケアグッズ開発・令和の虎出演。YouTube格闘チャンネル3万登録」
筋力と持久力

理想的な肉体は若い時期

人気記事ランキング

千葉県地図
対応エリア (千葉県全域(50音順)
旭市/我孫子市/安房郡/夷隅郡/いすみ市/市川市/市原市/印西市/印旛郡/浦安市/柏市/勝浦市/香取郡/香取市/鎌ケ谷市/鴨川市/木更津市/君津市/佐倉市/山武郡/山武市/白井市/匝瑳市/袖ケ浦市/館山市/千葉市/銚子市/長生郡/東金市/富里市/流山市/習志野市/成田市/野田市/富津市/船橋市/松戸市/南房総市/茂原市/八街市/八千代市/四街道市/